徹底的な耐震補強

家なら人は服を脱ぐことに抵抗はなく

現10年ほど前に、一建設が分譲した1800棟以上の建売住宅において、強度不足が発覚しており、これを受けて平成21年に4号特例が見直しされるという話平成20年4月22日付国住指第256号もあったのですが、これまで実施されずにいますここで、『木造在来軸組み2階建て』の問題をまとめます1·2·3·様々な構法があり、枠組みエ法のように共通の施工基準がない構造計算をしなくて良い。壁量計算のみ壁量計算が確認申請でチェックされない1は、選んだ工務店がどのような構法なのかが重要になります。
ど、お勧めの構法はご紹介します説明をうけて納得できるものであれば良いです。
後ほ3は、現状では公的なチェックがないので、らうことも可能です建築会社内でダブルチェックしてもらうか、セカンドオピニオンに見ても問題は、2の『構造計算』と『壁量計算』の違いです。
特にお願いしなければ、通常の工務店·ハウスメーカーでは、級2以上を取得するなら構造計算』が必要になってきます。
『壁量計算』が標準になるはずです。3階建てや、耐震等どちらがお勧めかをお話しする前に、まずは基礎知識として、構造計算』とは何かについてお話ししますね。
構造計算とは木造住宅で行われる構造計算は、許容応力度計算ルート1、許容応力度等計算(ルート2になります。
話になりそうですが、なるべく簡単に話しますので、ついてきてください。
なにやら難しい許容応力度計算ルート1地震や台風に持ち堪えられる建物かを調べます1·2·3·重さを計算する重さに材料が耐えられるか?
地震に材料が耐えられるか?
台風に材料が耐えられるか?
ここでいう重さとは1)建物の重さ2)床に載せるものや人の重さ
3)雪が積もった時の重さを足したものです。
雪の重さは馬鹿にならなくて、アフリカ象の一頭分の重さです。
30センチの積雪で6トンの重さになります。屋根面積60平方メートルの場合これはかなり重いですね。|M積もる地域では象3頭分になりますね。
許容応力度等計算ルート2地震や台風でも、建物が損壊する傾きにならないように検討を行います。

家に必要なものはすべて盛り込めたの家

そうすることで、揺れが収まれば、傾きは元に戻るようになります5·6·7·地震や台風で建物がどれだけ傾くか?層間変形建物の上下の硬さのバランスは大丈夫か?剛性率建物の重さと硬さの偏りはないか?偏心率重さを計算し、力をかけてみて柱や梁、する、ということですね。
床等が重さや地震力や台風に耐えられるか、どのように変形するかなどを確認1~7まで計算することを構造計算』といいます実際の地震や台風を想定しているわけですから、必要なスペックが正確に分かり安心です。
構造計算の費用はだいたい、1020万円程度になります。つぎに、『壁量計算』について話しましょう。
4ステップで簡単に計算!
『壁量計算』とは非常にシンプルな計算で出来るのが壁量計算です。
ると思います数学ではなく、算数の知識があれば大丈夫ですので小学生でも出来2·3·4、床面積を計算する必要な壁量を床面積に係数をかけて求める計画の壁量を数えて、2.以上になるか数える壁がバランス良く配置されているか確認する詳しくは、こちらです。

改めて書くと、ビックリするくらい簡易な計算ですよね。
重さも計算しないし、材料が耐えられるか、どのように変形するかも確認しません。
これだけ簡易的な計算方法なので、私はこの壁量計算は、かなり安全率をみた計算結果が出るものだと思い込んでいました。簡単な計算方法だからこそ、構造計算するより安全側になり必要な壁量は多くなるはずだろう、と。
ですが、今回、改めて構造関連の嘉で勉強しなおしてみると、分かりました。これから話すのは、とても衝撃的な事実です。

 

部屋の洋風応接室を付

工事も完了できないため家こんな大事な気密性能

これは全くの勘違いで真逆の結果になっていることが壁量計算』の不都合な真実実は『壁量計算』によって算出された必要壁量を満たしていたとしても、それだけでは、建築基準法上、必要な耐震性の70%程度にしかならないのです。建築基準法上、必要な耐震性とは『耐震等級1』となりますが、その70%程度の耐震性しか確保できないということです。
残り30%はどうなるのかというと、耐力壁にならない『雑壁』部分が地震力に対して効果を発揮してくれる、というこ
とになっています。
罹壁』とは、サッシの上についている壁や、和室の欄間などのちょっとした壁のことです。
これらの罹譬が住宅にはたくさんあるはずだから、それで地震力の30%は担保できるでしょう、という考え方です。
つまり基準法上必要な耐震性70%必要壁量(計算)30%雑壁期待値+ということになりますこれって、どう思われますか?
雑壁がどれだけあるかは、間取りごとに違いますある家はたっぷり雑壁があるかもしれませんが、開放的な間取りの場合は、壁量計算ギリギリの壁量として、それ以外は壁なし』にするかもしれません。そうやって設計した住宅は、合法的であるにも関わらず、必要な耐震性が不足している、ということになります雑壁の量や形状を検討した上で、耐震性を期待するのなら理解できます。
でも、この『30%雑壁期待値』はメンドクサイから、計算抜きで耐震性を3割増しにしとい『計算しなくても、てあげるよ』雑壁はこれくらいあるでしょう、フツー。
というノリです私はこれを聞いてゾッとしました工務店やハウスメーカーは簡単に計算出来るので楽ですが、施主としてはたまったものではないですね。もちろん、壁量はある程度余裕をみるものですが、開放的な間取りの場合はギリギリになりがちなので、注意が必要です。
構造計算』と『壁量計算』木造2階建てなら、どちらが妥当^『壁量計算』、どちらにすれば良いのでしょうか..。

工事も完了できないため現10年ほど前に、一建設が分譲した1800棟以上の建売住宅において、強度不足が発覚しており、これを受けて平成21年に4号特例が見直しされるという話平成20年4月22日付国住指第256号もあったのですが、これまで実施されずにいますここで、『木造在来軸組み2階建て』の問題をまとめます1·2·3·様々な構法があり、枠組みエ法のように共通の施工基準がない構造計算をしなくて良い。壁量計算のみ壁量計算が確認申請でチェックされない1は、選んだ工務店がどのような構法なのかが重要になります。
ど、お勧めの構法はご紹介します説明をうけて納得できるものであれば良いです。
後ほ3は、現状では公的なチェックがないので、らうことも可能です建築会社内でダブルチェックしてもらうか、セカンドオピニオンに見ても問題は、2の『構造計算』と『壁量計算』の違いです。
特にお願いしなければ、通常の工務店·ハウスメーカーでは、級2以上を取得するなら構造計算』が必要になってきます。
『壁量計算』が標準になるはずです。3階建てや、耐震等どちらがお勧めかをお話しする前に、まずは基礎知識として、構造計算』とは何かについてお話ししますね。
構造計算とは木造住宅で行われる構造計算は、許容応力度計算ルート1、許容応力度等計算(ルート2になります。
話になりそうですが、なるべく簡単に話しますので、ついてきてください。
なにやら難しい許容応力度計算ルート1地震や台風に持ち堪えられる建物かを調べます1·2·3·重さを計算する重さに材料が耐えられるか?
地震に材料が耐えられるか?
台風に材料が耐えられるか?
ここでいう重さとは1)建物の重さ2)床に載せるものや人の重さ
3)雪が積もった時の重さを足したものです。
雪の重さは馬鹿にならなくて、アフリカ象の一頭分の重さです。
30センチの積雪で6トンの重さになります。屋根面積60平方メートルの場合これはかなり重いですね。|M積もる地域では象3頭分になりますね。
許容応力度等計算ルート2地震や台風でも、建物が損壊する傾きにならないように検討を行います。
家に必要なものはすべて盛り込めたの家
家に必要なものはすべて盛り込めたの家

家なら人は服を脱ぐことに抵抗はなく

当社が依頼された大規模修繕池袋 駐車場東池袋一丁目パーキング
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目22−10

そうすることで、揺れが収まれば、傾きは元に戻るようになります5·6·7·地震や台風で建物がどれだけ傾くか?層間変形建物の上下の硬さのバランスは大丈夫か?剛性率建物の重さと硬さの偏りはないか?偏心率重さを計算し、力をかけてみて柱や梁、する、ということですね。
床等が重さや地震力や台風に耐えられるか、どのように変形するかなどを確認1~7まで計算することを構造計算』といいます実際の地震や台風を想定しているわけですから、必要なスペックが正確に分かり安心です。
構造計算の費用はだいたい、1020万円程度になります。つぎに、『壁量計算』について話しましょう。
4ステップで簡単に計算!
『壁量計算』とは非常にシンプルな計算で出来るのが壁量計算です。
ると思います数学ではなく、算数の知識があれば大丈夫ですので小学生でも出来2·3·4、床面積を計算する必要な壁量を床面積に係数をかけて求める計画の壁量を数えて、2.以上になるか数える壁がバランス良く配置されているか確認する詳しくは、こちらです。

改めて書くと、ビックリするくらい簡易な計算ですよね。
重さも計算しないし、材料が耐えられるか、どのように変形するかも確認しません。
これだけ簡易的な計算方法なので、私はこの壁量計算は、かなり安全率をみた計算結果が出るものだと思い込んでいました。簡単な計算方法だからこそ、構造計算するより安全側になり必要な壁量は多くなるはずだろう、と。
ですが、今回、改めて構造関連の嘉で勉強しなおしてみると、分かりました。これから話すのは、とても衝撃的な事実です。

部屋の洋風応接室を付

これは全くの勘違いで真逆の結果になっていることが壁量計算』の不都合な真実実は『壁量計算』によって算出された必要壁量を満たしていたとしても、それだけでは、建築基準法上、必要な耐震性の70%程度にしかならないのです。建築基準法上、必要な耐震性とは『耐震等級1』となりますが、その70%程度の耐震性しか確保できないということです。
残り30%はどうなるのかというと、耐力壁にならない『雑壁』部分が地震力に対して効果を発揮してくれる、というこ
とになっています。
罹壁』とは、サッシの上についている壁や、和室の欄間などのちょっとした壁のことです。
これらの罹譬が住宅にはたくさんあるはずだから、それで地震力の30%は担保できるでしょう、という考え方です。
つまり基準法上必要な耐震性70%必要壁量(計算)30%雑壁期待値+ということになりますこれって、どう思われますか?
雑壁がどれだけあるかは、間取りごとに違いますある家はたっぷり雑壁があるかもしれませんが、開放的な間取りの場合は、壁量計算ギリギリの壁量として、それ以外は壁なし』にするかもしれません。そうやって設計した住宅は、合法的であるにも関わらず、必要な耐震性が不足している、ということになります雑壁の量や形状を検討した上で、耐震性を期待するのなら理解できます。
でも、この『30%雑壁期待値』はメンドクサイから、計算抜きで耐震性を3割増しにしとい『計算しなくても、てあげるよ』雑壁はこれくらいあるでしょう、フツー。
というノリです私はこれを聞いてゾッとしました工務店やハウスメーカーは簡単に計算出来るので楽ですが、施主としてはたまったものではないですね。もちろん、壁量はある程度余裕をみるものですが、開放的な間取りの場合はギリギリになりがちなので、注意が必要です。
構造計算』と『壁量計算』木造2階建てなら、どちらが妥当^『壁量計算』、どちらにすれば良いのでしょうか..。銀座の駐車場を探す家の写真を使わせてくれれば値引き