建築時のコストアップにつながる場合がある

マンションは人気が低くなっている

MATOMERU:家を最大限活かすなら【斜め!】相談時の要望:【部屋数】:31.DKm:1階の和室、主寝室、子ども部屋【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:気になっているメーカーから間取り提案が出てきて、要望はある程度叶えられているが、客観的に見てどうか?を判断してもらいたい。
基本的には、細かい不満点、収納の量などはあるものの、そこまで大きくは無い。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】1~3階は狭小土地という事もあり、ら変える事は出来そうですねそこまで劇的に動かせない感覚があります。
ですが、もう少しぐらいなら、形か問題点1:2階のLDKが小さい。
一番気になったのが、2階のLDKはどのような家具配置をするの?という所です。
どの動線を考え、意外と家具の配置も難しいのではないか?という感覚です階段から階段、階段からキッチンな問題点2:無駄が意外と多いその他にも、所々無駄が多いように感じますキッチン周辺の廊下、3階の洗面に向かう廊下、そもそも二つ階段がある、などは、単純にもったいないように思いました。ここら辺を改善、検討しつつ、良い提案にする事が出来ないか?という事を考えています【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、上記の問題点を改善しています。
キッチンの形の検討や、階段をまとめています:【BEFORE→AFTER】↓plan003*こんな感じで変えてみました。工務店営業力が強い【AFTER:解説】改善アドバイスは主に2階のLDKを中心としていますまた、坪数は3階にもバルコニーを設けていますので、その分減っていますが、そもそも敷地の有効利用を考えて縮める事は意識していませんメリハリをつけて、どう見せる?
先ずは、2階の階段を1つにしてまとめる!所から考えています階段を一つにする事で、有効的に2階の空間が取れるようになります。
また、キッチンとリビングを分ける事で、収納キッチン横*ダイニングは簡単な食事スペースにしても良いのかな?という発想で、量なども増えて計画が出来ますね。
に設けました。
2階のLDK特にキッチンのつかい方は、狭小住宅ならでは?とも思っています。
動線を考えると、追加で書いたサービスバルコニーなどを設けると、ゴミ出しなどが便利かもしれませんね。
もしサービスバルコニーを設ける場合は、二階のダイニングスペースが無くなってしまうので、ングの斜めを活用する事で、リビング、ダイニングスペースを取れるようになるかと思いました。
事が出来るようになりますね。
こちらも追記したリピより広くLDKをつかう斜めを活用するこういった斜めに区切る事をすると、木造の二階建てでも構造計算が必須になってくる事が多いのですが、は、そもそも三階建てで構造計算が必要ですので、考えられるかな?という感覚です。
この間取りまた、斜めに切る発想は、そもそも建築会社さんとして発想を持ち合わせていない場合も多くありますので、ちらから『ここを斜めに区切るのはどうか?』と提案が必要になりそうです逆に、こ【AFTER】改善コメント↓
コラム:良い提案を受けるのが一番レベルが上がる!
コラム②でも譜きましたが、契約前に適切な質問が出来るか?をする為には、お客様自身のレベルUPが必須条件になります。どのようにレベルUPをすればいいのか?

間取りや仕様が決まり工務店も少

  • マンションは人気が低くなっている
  • 間取りや仕様が決まり工務店も少
  • 家を推奨する方は多い


部屋や仕切った空間を暖めるものではなく


マンションをどのよう

マンションをどのようにするですが、極論を言えば、良い提案を受ける事につきます間取りは、会社さんが持つ、価格的な要素、構造による違い、施工経験の違い、提案者のレベルの違いなど、様々な要素が絡まって、お客様の元に届きます10社あれば、10通りの提案が出てきますので、提案を多く受けるだけでもレベルは上がりますこれは、私の前作の電子潛籍でもお伝えしておりますが、んと出会う為です会社は数撃つ必要があるで、良い提案を出してくれる会社さ良い間取り提案を出してくれる会社さんで契約しなさいという話でもなく、会社さんと出会う!という発想で、会社探しの意識をして頂ければと思います自分たちの経験値を劇的に上げてくれる耐震性能、気密·断熱性能に関する事など、間取り提案以外にも色々な知識の吸収にもなりますしね。
対!素敵な家にする!vol.1】工務店ファーストであなただけの全社を見付ける3つの条件:-Rebroathome牧原|央
MOTTAINAI:どんどん削る!
相談時の要望:【部屋数】:5,2LDKin:1階の和室、主寝室、子ども部屋×2、ピアノ室【申し込み状況】:契約直前の間取り相談【具体的な不満】:日当たり、広いリビング、老後でも寝室として活用できる和室、十分な収納、ピアノを置く場所の希望を出して、でてきた間取りですが、これが良い間取りなのか不安。
plano04:[BEFORE】相談頂いた時の間取り↓*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】今回の気になる点は、『もったいないな2です。
階段周り、没別丿丶キッチンの北側部分、2階の廊下部分など、坪数も50坪強と大きいのですが、もっと改善出来るはず!という感覚です。
問題点1:動線が悪い先ず、感じたのが、それぞれの部屋が分断されている!という所です。和室からの水周り動線、線などが分断されているなどで動線を大きく変える必要があるように感じました。
キッチンからの生活動2階の配置も寝室を通らないといけないバルコニーが気になったり、寂しい感じが気になりました。
ピアノ室の配置も何となく奥まった所にあって、こ)問題点2:無駄が多い50坪ある間取りですが、5+2LDKであれば、もう少しコンパクトに出来るはず!という感覚です。
を改善しつつ、先ずは無駄を削る作業をしていく事にしますそれぞれの問題点【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、2つ書いています。

家を推奨する方は多い

MATOMERU:家を最大限活かすなら【斜め!】相談時の要望:【部屋数】:31.DKm:1階の和室、主寝室、子ども部屋【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:気になっているメーカーから間取り提案が出てきて、要望はある程度叶えられているが、客観的に見てどうか?を判断してもらいたい。
基本的には、細かい不満点、収納の量などはあるものの、そこまで大きくは無い。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】1~3階は狭小土地という事もあり、ら変える事は出来そうですねそこまで劇的に動かせない感覚があります。
ですが、もう少しぐらいなら、形か問題点1:2階のLDKが小さい。
一番気になったのが、2階のLDKはどのような家具配置をするの?という所です。
どの動線を考え、意外と家具の配置も難しいのではないか?という感覚です階段から階段、階段からキッチンな問題点2:無駄が意外と多いその他にも、所々無駄が多いように感じますキッチン周辺の廊下、3階の洗面に向かう廊下、そもそも二つ階段がある、などは、単純にもったいないように思いました。ここら辺を改善、検討しつつ、良い提案にする事が出来ないか?という事を考えています【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、上記の問題点を改善しています。
キッチンの形の検討や、階段をまとめています:【BEFORE→AFTER】↓plan003*こんな感じで変えてみました。


マンションは人気が低くなっている

マンションをどのよう工務店営業力が強い

【AFTER:解説】改善アドバイスは主に2階のLDKを中心としていますまた、坪数は3階にもバルコニーを設けていますので、その分減っていますが、そもそも敷地の有効利用を考えて縮める事は意識していませんメリハリをつけて、どう見せる?
先ずは、2階の階段を1つにしてまとめる!所から考えています階段を一つにする事で、有効的に2階の空間が取れるようになります。
また、キッチンとリビングを分ける事で、収納キッチン横*ダイニングは簡単な食事スペースにしても良いのかな?という発想で、量なども増えて計画が出来ますね。
に設けました。
2階のLDK特にキッチンのつかい方は、狭小住宅ならでは?とも思っています。
動線を考えると、追加で書いたサービスバルコニーなどを設けると、ゴミ出しなどが便利かもしれませんね。
もしサービスバルコニーを設ける場合は、二階のダイニングスペースが無くなってしまうので、ングの斜めを活用する事で、リビング、ダイニングスペースを取れるようになるかと思いました。
事が出来るようになりますね。
こちらも追記したリピより広くLDKをつかう斜めを活用するこういった斜めに区切る事をすると、木造の二階建てでも構造計算が必須になってくる事が多いのですが、は、そもそも三階建てで構造計算が必要ですので、考えられるかな?という感覚です。
この間取りまた、斜めに切る発想は、そもそも建築会社さんとして発想を持ち合わせていない場合も多くありますので、ちらから『ここを斜めに区切るのはどうか?』と提案が必要になりそうです逆に、こ【AFTER】改善コメント↓
コラム:良い提案を受けるのが一番レベルが上がる!
コラム②でも譜きましたが、契約前に適切な質問が出来るか?をする為には、お客様自身のレベルUPが必須条件になります。どのようにレベルUPをすればいいのか?


すぐ目の前にあるのは隣家の壁

ですが、極論を言えば、良い提案を受ける事につきます間取りは、会社さんが持つ、価格的な要素、構造による違い、施工経験の違い、提案者のレベルの違いなど、様々な要素が絡まって、お客様の元に届きます10社あれば、10通りの提案が出てきますので、提案を多く受けるだけでもレベルは上がりますこれは、私の前作の電子潛籍でもお伝えしておりますが、んと出会う為です会社は数撃つ必要があるで、良い提案を出してくれる会社さ良い間取り提案を出してくれる会社さんで契約しなさいという話でもなく、会社さんと出会う!という発想で、会社探しの意識をして頂ければと思います自分たちの経験値を劇的に上げてくれる耐震性能、気密·断熱性能に関する事など、間取り提案以外にも色々な知識の吸収にもなりますしね。
対!素敵な家にする!vol.1】工務店ファーストであなただけの全社を見付ける3つの条件:-Rebroathome牧原|央
MOTTAINAI:どんどん削る!
相談時の要望:【部屋数】:5,2LDKin:1階の和室、主寝室、子ども部屋×2、ピアノ室【申し込み状況】:契約直前の間取り相談【具体的な不満】:日当たり、広いリビング、老後でも寝室として活用できる和室、十分な収納、ピアノを置く場所の希望を出して、でてきた間取りですが、これが良い間取りなのか不安。
plano04:[BEFORE】相談頂いた時の間取り↓*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】今回の気になる点は、『もったいないな2です。
階段周り、没別丿丶キッチンの北側部分、2階の廊下部分など、坪数も50坪強と大きいのですが、もっと改善出来るはず!という感覚です。
問題点1:動線が悪い先ず、感じたのが、それぞれの部屋が分断されている!という所です。和室からの水周り動線、線などが分断されているなどで動線を大きく変える必要があるように感じました。
キッチンからの生活動2階の配置も寝室を通らないといけないバルコニーが気になったり、寂しい感じが気になりました。
ピアノ室の配置も何となく奥まった所にあって、こ)問題点2:無駄が多い50坪ある間取りですが、5+2LDKであれば、もう少しコンパクトに出来るはず!という感覚です。
を改善しつつ、先ずは無駄を削る作業をしていく事にしますそれぞれの問題点【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、2つ書いています。