家を買ってそれを貸しあ

工事店さんの見積もりの見方や金額の妥当性

『自分が今まで提案してきたものが、如何こういった苦い経験があったからこそ、今があるのですが…家づくりの難しさをこの間取り本を書いていて、『中、今思えば、失敗の連続だったな『あの時の自分に、本当、、その間取りで良いの?と言ってやりたいなと思ったりしたので、コラムとして書かせてもらいました。

間取りだけじゃダメ!お金の事も考える

『やっぱりあの時、B社に決めておけば良かった…今更だけど…後悔してる…』とならないように、この章では、お金の話もしていきたいと思います…早く間取りに行けよ!』と思われるかとも思いますが、もうしばらくご辛抱を(汗)
のお家2-1間取り提案が大きく変わる2つのポイントはい、先ずは簡単に話をしていきますが、しまうポイントが2つあります。
間取りづくりにおいて、お客様の要望の伝え方次第で大きく提案が変わってお金の二つです。
この二つ、出来るだけ初めのタイミングで正確に建築厶耗さんにお伝えして頂く事が大切です家相が気になっている方は、必ず最初に伝える事家相に関しては、気にするか、えするようにしましょう。
気にしないか、人によるかと思いますが、もし気にされる方は、出来るだけ初めにお伝例えば、玄関の位置が鬼門ラインにのっていて、それを後々になって、と変えなければいけません。リフォームの範囲に含これはとっても機会損失です。
気が付くと、折角考えた間取りを一からガラッせっかくこれまで集めてきた各社さんの提案は全てやり直し。もっと言えば、家相に気が付いたら…そもそも正確な比較検討が出来なくなっちゃいますよね。
既にある程度会社を絞ってしまった後に因みに、家相ですが、回避する方法も当然あります鬼門·裏鬼門払いとして、1年に1回、水周りに対しては、お札を設けてお祓いとする事も出来ます。また、家の形があまりに凹凸を出して作る事は凶相と診断されてしまう可能性もありますが、それを外構計画で改善する方法もあります鬼門·裏鬼門の玄関だって、改善方法は少ないとも言われていますが、外構などで何とかなる場合もあります。

工事進捗に合わせて立面図に下地補修

  • 家の規制の中でどれだけ引出しを出してくれる
  • 工事といった部位別の方が把握しやすい
  • 資産を失うだけでなく


管理組合の活動の姿が見えてくる部屋着

工事を請け負う事があり下請け

*最終的にはお金の話になってきますが、出来れば避けたい所ですよね。
お金も最初に伝えよう!
お金に関しても同じです。次の項で詳しくお伝えしますが、例えば、『お金は総額で2000万円までで考えていますしと伝えるか、『2300万円まで大丈夫です!』と伝えるかで、提案の質が変わりますし、選べる建築会社さんも変わります中には、『最初に予算を正直に伝えてしまうと、上限予算が上がりやすいのでは?』という心配をされる方もいますし中にはそういった会社さんもありますが、総合的に言えば、自分たちの予算を正確に伝えて頂いた方がメリットは大きいように思います例えば、大手のハウスメーカーさんのようなベースの予算が高い+値引き額が大きな会社の場合は、な予算を伝えて頂く方が良いかもしれません。
そういったゆとりですが、いですし、した方が一方で、工務店さんや建築家さんの場合、インテリアの造作費用なども契約前の提案で出してくれる会社も多家の仕様に関しても最初から色々と入れて出してくれる事も多い為、自分たちの限界ラインを最初からお伝え正確な提案が出てきたりします家をつくる際に、どうしても必要なお金、例えば、引越し費用やエアコン、家具、家電費用などは、自分たちで考えてその分の予算は予め引いて話をするなどは基本かもしれませんし、もし、それも含めて!

家を買ってそれを貸しあ

という場合は、その旨をしっかリと事前にお伝えするような意識はしておきましょう。

お金と間取りを比較するさて、前のページの本題です『契約後に予算が500万円あがってしまいました!
とならないように、契約前の資金計画で、契約後の予算UPも考えていきたいと思います。
この説明は、グラフで見て頂いた方が解り易いと思いましたので、グラフでお伝えしますグラフに出てくる数値は、実際に相談があった方の比較表を基に契約前の4社の資金計画潛をそのままの状態で入れています。
4社の資金計画比較表(ベース)←*最初はこんな感じで4社から資金計画表が出てきました。

先ずはグラフの説明をさせて頂きますね。

建築会社がみつかると思いど

部屋の間に設置する方法があ

グラフのA$DはそれぞれA社:普通の工務店B社..中規模クラスのハウスメーカーC社:建築家D社:大きな工務店といった会社で、数値を見て頂ければ解りますが、A--D社の特徴的なポイントをお伝えすると、D社:坪数が35坪と小さい。
B社:値引きが350万円と大きいが、その他の諸費用で1300万円。
A社とC社:造作家具工事が入っている。
·最終金額は、4社とも同じようになってる。
ですD社の坪数の違い因みに、これはあくまで一般論ですが、他の会社さんが45坪の提案を出している状況で、部屋数を変えない状態であれば7~10%ぐらいまでなら家の面積を減らせられる範囲かと思いますですが、D社さんの35坪は流石に無理があるかとも思いましたし、実際にD社さんの間取りを見ても、やはり無理のある計画になっていました。
B社のその他諸費用また、各社の違いで最も気になったのが諸費用の違いです。この方の場合、120~150万円ぐらいの解体費用が必要な状況でしたので、それを加味して考えると、通常の諸費用は恐らくですが、500$700万円ぐらいになるかと思いますB社の1300万円は…。
その中で、群を抜いて高い諸費用となっているのがB社さんです。
これには理由があって、今回のその他諸費用の中には、オプション費用というのを入れているからです。


工事を営業するという

オプション費用、本当は本体価格に含めてグラフ化する必要があるかとも思ったのですが、各社のお金の見せ方の違いを感じてもらえればと思い、このような書き方をしていますA社、B社、D社の3社は、オプション費用として多くの項目が計上されていましたが、特にB社さんの1300万円の中には、その他オプション費用で500万円ぐらいを計上しています。因にその内訳を細かく見ると、『…え?これもオブション2と思うものばかりでした。
はい、良い悪いというよりも、そうなってくると『本体価格2400坪単価53万円前後ってなに?』となりませんでしょうか。本体価格に騙されない騙されないという表現の仕方はおかしいかもですが…ようにする良い例で、しっかりと比較検討しないとダメですよ。が伝わるかと思います4社の資金計画比較表平準化してみる!という事で、このままでは当然比較検討出来ませんので、各社の資金計画を勝手に平準化してみたいと思います4社の資金計画比較表(平準化)←
平準化とは、全ての会社さんをなるべく同条件にしたら?

リフォームの範囲に含 

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿