家の損得を比較してみよう家

マンションの購入や

ここは、結構意識して頂きたいポイントで、間取りが良いは、実際の生活のしやすさ、生活動線や収納計画、日射の取り方、風の抜けなども含めての提案です。
外観に関しては、少し別次元のデザインの話になる為、間取りがよくても、外観が悪い。外観が良くても間取りが悪い。
は起こりえる事です。意外と3方好の会社さんは、かなり少ないように思いますので、会社選びの際は、意識して頂くと面白いかもしれません。

MEGURU:思い切って坪庭を作ってみる!
相談時の要望:【部屋数】:41.DK4:一階の和室、主寝室、子ども部屋×2【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:漠然と、この間取りではダメな気がして。という状況でお問合わせがありました。
具体的には、本当はウッドデッキがつくりたいけど…という不満です。
収納不足や1階のトイレが玄関入ってすぐなのが気になる事、【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?建築時のコストアップにつながる場合があるを考えてみましょう。

【問題点】頂いた間取りを見ると、満は、私も感じました。
確かに、間取りとしては、何となくまとまっているようにも感じましたが、上記のお客様の不問題点·生活動線が悪いまず最も気になったのが、ダイニングテーブルが置けない?置くと生活動線が一気に悪くなるのでは?という所です。
問題点2:その他細かい所玄関ポーチが小さい?
·道路からの視線が考慮された間取りではない。
お庭のウッドデッキが使いづらい?
などの気になるポイントも出てきました。
敷地形状から、そこまで劇的に間取りを変える事は難しいかな?とも感じつつ、改善していきたいと思います。
*この間取り相談が一番悩んだかも?というぐらい悩みに悩んだ間取り相談でもありました。

部屋の中央に設置する

  • 戸建てもたくさんあり人口減で今後は空き
  • マンションに買い替え
  • 家を選びましょう駅近小


重要なポイントになるでしょう家

マンションの水準に比べて

【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】はい、という事で改善プランを見ていきましょう。改善のアドバイスは、上記の改善を出来るだけ、何パターンか、作ってお送りしました。今回の間取りアドバイスは、私もこれ!という間取りが思いつかない状態で(汗)*今回は、私自身がプランで納得ができず、2つの間取りアドバイスを書きました。
【BEFORE→AFTER】*先ずはこんな感じで改善してみました。
PF
【AFTER:解説】·メリハリをつけて、どう見せる?
この間取りは、家を小さくする事はしていません。その為、メリハリのみを考えて、間取りアドバイスをしていますウッドデッキを置く事を前提に、LDKを直線で繋げる間取りはどうか?*ウッドデッキのつなぎ方ですが、リビングと繋げるのか?キッチンと繋げるのか?で生活の仕方が変わってきそうですね。
二つ目の配置アフターの間取りの一番下に、る場合です。
LDKと和室の別パターンを書いています。
和室を畳コーナーではなく、しっかりと分けトイレなどを考えると、もう少し広げたい所今回は、トイレの配置や玄関の広さを考えると、縮めるというよりも、本当はもう少し広げたい感覚もありつつです。

家の損得を比較してみよう家

どうしても色々と納得できず、思考がぐるぐると巡った結果、『これも出来るのでは?』と最終的には、もう一つ、思い切った間取りを書いてみました。
【AFTER-1解説↓
【AFTER:解説2】縮める(2坪)一回のLDKと和室の配置をもう少し面白く配置しても良いかな?という感覚です。
道路側からの目線を遮りつつ、開放感を出す。を考えて、酉側は窓を殆どなくし、和室とLDKの間に坪庭を設けています。
*和室は坪庭に向けて窓を設ける感覚です。
坪数は2坪抑えつつ、思いますリビングは大きな窓が両サイド(南と北)に付く為、かなりの開放感が得られるようになるかと通常であれば、北側の坪庭は微妙なのですが、今回は状況を考えて、敢えてとってみました。その際、和室の上部をバルコニーにしたり、坪庭部分の外壁面には、大きな窓を2方向に配置したりして、北側の坪庭づくりで起こりそうな、坪庭なのに、暗いし圧迫感がある…』を解消する為にはどうしたらいいか?

建築には似あわない建築の専門家

家にするにはどうすれ太陽に素直

も考える必要があります外観外観のつくり方ですが、り方です。基本的な家づくりにおいて、外観を考える時は、窓で外観を作る!という方もいますが、のまま外からの目線が入る事にもなるので、実は微妙だったりします窓をなるべく無くして、外観の凹凸を利用して、外壁材を貼り分ける。
というのが一つのつく外観の為の窓は、そその他今回のような坪庭の間取りは、ておきたい所ですね。
2×4構法などは向いてない場合があります。
建築会社さんの対応力などは注意してみ【AFTER】改善コメント↓
コラム..何故?この間取りになったのか?を知る!
間取り提案は、『会社による事情』というのが大きく関係してきます。


家に対してるわけ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿