資産

不動産のスペシャリストではないけれど

要は、室温への影響を最小限に抑えて、換気をすることができるんですね。
たとえば、熱交換率90%の熱交換器を使用した場合、外気温0度室温20度なら、給気口からは、18度20度×90%の空気が入ってくるということになります第三種換気は、外気温が0度なら0度の空気が入ってくるわけですから、これはマジックのような数字です。
夏の場合
も同様で、すエアコンで冷えた室内には、回収された冷たさにより室温近くまで冷やされた外気が入ってくることになりま熱交換器には『全熱交換』と、『顕熱交換』の2種類あります『全熱交換』は、熱と湿気を交換し、18熱交換』は熱のみを交換します『全熱交換』と『顕熱交換』、どちらが良いかは、高気密·高断熱住宅に詳しい設計者でも意見が分かれるところです。
『全熱交換』は湿気も交換することが特徴ですが、これにより室内の汚れた空気の一部を戻してしまうのでは、という懸念があります。一方、顕熱交換は、熱だけの交換のため、冬は室内が乾燥しがちで、加湿器は必ず必要になります。
個人的には、国内製品が充実しており安価なことや、室温と湿度を快適に保てることから、ます。

不動産会社によって

コストは、40坪程度の家で、材工60万円+建設会社の経費程度になります『全熱交換』をお勧めしてい24時間換気には納戸の含める建築基準法すね。
は、居室だけ行えばよいことになっています。
24時間換気は、特に要望がなければ設計者は納戸を換気計画の中には入れません。
つまり納戸は24時間換気しなくて良いのでですから、ですが、納戸やWIC、がない場合も多いです。
玄関などは空気や匂いがこもりやすいし、カビも発生しやすいですよね。窓があれば良いですですから、必ず納戸なども換気計画に入れるように建築会社に要望しましょう。
自分でチェックする場合は、給気口と排気口を線でつなげばわかります。その線が含まれている部屋は換気され、以外は換気されない、ということになります。この図では赤で囲った部分は空気がたまりやすい部分です。
それ

地震でも安心な家にするためには

日本の建築基準法は大きな地震がある度に強化されてきました。
けて改正された2000年の建築基準法の改正です最後の大きな改正が1995年の阪神淡路大震災をう主な改正事項は地盤の地耐力に合わせた基礎仕様の選定。

 

不動産業者に土地を売却

建設会社による入札を行う場合があり普段修繕計画作成ガイドラインを出して

これにより地盤調査が必須になった。
柱頭、柱脚、筋交いの接合部の接合方法、金物の種類の明記バランス計算をし、耐力壁をバランスよく配置する。
といったところです。
538,767棟の住宅が被害を受けた阪神淡路大震災後の改正ですから、この基準法を守っていればどんな地震がきても安心、と言いたいところですが、実はそうでもないことが分かっています。そもそもですが、建築基準法の基準は天災などで『人の生命と財産を守る』ことが目的です。地震で家が壊れません、というわけではないのです。
ですから大手ハウスメーカーは独自に実物棟で耐震実験を行いますし、中小の工務店は耐震等級3の取得や、制震や免震工法や独自工法を取り入れて他との差別化を行おうとしています。

マンションが建設中これら構造について意識が高い建築会社に依頼していて構造計算をすることが分かっている場合は、この章を軽く読み流していただければ大丈夫です。
反対に、建築会社から構造について詳しい説明を受けてないような場合は、設計者に質問をぶつけてみてくださいね。
この章を読み込んで、次回の打ち合わせで構造的に危ない間取りはこれだ構造は難しい!と思うかもしれませんが、実は見た目でだいたい大丈夫かどうかが分かります。ここで3つの住宅をみていただきますので、どれが地震に弱い住宅か選んでみてくださいね。全て木造在来軸組み工法とします
地震に弱い地震に弱いBとCが構造的に問題になる建物ですでは解説しましょう。
Aは、総3階建てで耐力壁がそろっており、構造的に非常に有利です。

半年ぐらいで家が建つ暮らしの朝食一人

建築士による重要事項説明が必要

家具が少なくて済み建築は建てられない総2階や平屋も同様に有利ですは構造計算が義務付けられていますから、しかり構造検討されており安心です。
また3階建てBはよく見る形状ですが、地震に非常に弱い形状です。2階の外壁が1階外壁とずれているのが問題で、熊本地震で倒壊した耐震等級2の住宅もこれと同じタイプです。また4号建築に該当するため、建築基準法上、構造計算を行う義務がありません。
Cは、2階が1階よりも飛び出ているタイプですね。
を行う義務がありません。
こちらも構造的には不利になります。
またBと同様に、構造計算このAからCの3タイプは、街を歩いていてもよく見かけると思います。
え方も変わってきますので試してみてくださいね。
そういう視点で街を散策すると、街並みの見木造2階建て住宅の構造は、実質ノーチェック^先ほどの例は全て在来軸組み構法の例です。在来軸組み工法で、BやCのような間取りで依頼が来た場合は、私は構造的に問題がある旨を話さなければならないので少々憂鬱になります。大幅な間取り変更は施主も大変ですし、構造計算をするとなると費用も発生するからですこれが同じ間取りでも、大手ハウスメーカーで鉄骨造やプレハブ構法だったり、工務店でも木造枠組み壁構法(2×4や2×6)であれば気が楽です。なぜかというと、大手ハウスメーカーや木造枠組み壁構法の場合は、構造検討がされているからです鉄骨造は全棟構造計算を行う必要があります。

部屋でパソコンを使う際

木造枠組み壁構法は構造計算の義務はないですが、壁構造自体が地震に強く、またキッチリと施工基準が定まっているので、構法上、あまり無茶なことが出来ないからです反対に、在来軸組み工法は様々な工法があり、工務店により考え方も違います。しかも平屋や2階建ての多くは、例と言われる区分となり構造計算の義務がありません。いわゆる『4号建築』です。
四号特簡易的な構造検討として『壁量計算』が義務付けられていますが、実は確認申請で『壁量計算』をチェックするわけではありません。つまり、2階建て以下の住宅の構造をチェックする人は、設計者以外、誰もいない、ということになりま
す『チェックがいらないなんて建築士って日本国民から全幅の信頼を得ているんだなー、照れるなあ。』もちろん、そんな訳ないですよねいまだに4号特例が残っているのは、建築会社向けの配慮です。4号特例をなくすと、必要になり、設計料も確認申請料もアップ、確認申請の審査期間も確実に延びますから、なるべく短くしたい建築会社としては避けたい、というわけです。
2階建ての住宅でも構造計算が契約から引き渡しまでの時間をまた、構造計算潛偽造事件を受けて行われた2007年の建築基準法改正で、確認申請の厳格化が行われたときに、場の混乱がひどかったので大変でした、それを避けたいというのもあるのかもしれません。施工の色を決めるということとセットつ

修繕計画作成ガイドラインを出して 

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿