Monthly Archives: 2019. 4月

建築は過去を切り捨てたはずなのに伝統的

が挙げられますが、間取りを見ると、お施主様の意図は伝わるのですが、それを上手く昇華出来ていない感じです問題点2:収納が少なく、さらに家全体が暗いまた、LDKも含めて各部屋で、収納が少ないな!家全体が暗そう!という所がもっとも気になりました。
その他にも色々と気になった所もありますので、現状の間取りに対してのコメントを読んで頂ければと思います【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、ガラッと変えています。
の家にして、南東側に開くにしています。
今回の改善した間取りの形状としては、先ずは日当たりを考えて、L型その後、所々削っていくような感覚です。
土地が大きくあり、平屋であれば、もっともっと色々な可能性を探って、楽しんで家づくりが出来るように思いました。
住まいが理想とは思えない

【BEFORE→AFTER】↓*こんな感じで改善してみました。

【AFTER:解説】今回は、坪数は殆ど変えていません。
*改善後の間取りだと、LDKが少し大きすぎる?という感覚もあるので、縮める間取りも考えられますが、そのままで出しています·メリハリ付けて、どう見せる??
はい、今回のポイントは、メリハリです。
特に、玄関の廊下からリビングに入った時の『パ~っと開ける感じ』です。平屋なので、口を連続して設けていて、そのギャップを演出できそうだなという感覚です。
こ寺構造的にも大丈夫かと思い、開その他にも、かと思います。
例えば書斎や主寝室には、コーナー開口を設けているので、実際の広さよりも広く空間を見せる事が可能ファミリークローゼットは廊下と合わせてその他でも色々とポイントはありますが、今回は、ファミリークローゼットを廊下と合わせたところがポイントになっています。

  • 家が普及する可能性は十分あ
  • 住宅の陸屋根という
  • やっぱり購入意欲がわかない
家のなかに引き込んでい

無駄なく、効率よく収納をつくる工夫ですね。
その他その他の解説は間取りのコメントを見て頂ければと思いますが、改善した間取りでは、自宅にサロンを併用している事もあったので、トイレを二つ設けておりますが、一つでも良いのかな?という感覚もあったりします【AFTER】改善コメント↓
コラム:家づくり相談への想い『ここをこうしたら、もっと良くなるのに..-r『うsん、この間取りを作った人は、何をお客様に提供したいんだろ?』、『この設計者さんは、こんな家に住んでもらいたい!と本気で思ってる?』という感覚に思わず陥ってしまう間取り相談を受ける事は良くあります。
僕は、『お客様が初めてその間取り提案を見た時に、オーッ!と言って、な体験をして頂きたい』そんな想いを持って、家づくり相談をしています。
思わず身を乗り出して、説明を聞きくようその為に、『お客様が必要な知識は何か?』『経験は何カ?』『会社に声をかける理想的な状態は?』を考えつつ、何より家づくりを楽しんでもらいたい!と思い、一作目の電子書籍二絶対!素敵な家にする!工務店さんファーストであなただけの会社を見つける3つの条件】を潛きました。
家づくりは、ワクワクが待っています!
建築時のコストアップにつながる場合がある

この本を読んで、『このやり方なら、自分たちの家にも取り入れられそう!』、のでは?』、『来客時に、カーってなる見せ場を作ろうよ!』『こんな表現をしたら、もっと素敵になるなんて思って貰える間取り本になればと思いますし、僕がこれまで家づくり相談で経験してきた事を通じて、皆さまには、僕の経験を超える家づくりをして頂き、その経験を僕に教えてもらえるようになったら素敵な事だなと想っています
KAZARU:敷地を活かす相談時の要望:【部屋数】:21.DKn:主寝室、子ども部屋一つ【申し込み状況】:2つの会社選びのタイミング【具体的な不満】:家を建てたい工務店を2社で迷っている状況で、良いと思っている方の間取りで、具体的な不満はないものの、『これで良いのか?』迷っている。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】頂いた間取りは、ある程度完成されているように思いましたが、土地の状況と立面図を見る限り、色々と気になる事も。
問題点·予算が限られた中で、最善の選択か?
今回頂いた間取り提案は、予算観もギリギリな感覚でした。
アール型の階段は本当に最善の提案なのか?
階段幅が広いのに、階段下の利用はこれで良いのか?
その中で·その反面で窓が小さいし、少ないのでは?住宅メーカーもあ

家づくりを全てお手伝いする

·二階にバルコニーは要らない?
収納計画は大丈夫?
などの疑問もありました。
問題点2..立地を活かせていないのでは?
また、気になったのが、折角の立地状況です。
ビューがとってもいい感じに思いました。ですが、グーグルのストリートビューで見る限り、北ダレの土地で、それを活かしきれていないのでは?という所です。
北側の【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、動線なども考えて変えています。階段下収納は、階段幅が広いので、その面積をつかって、チン奥のパントリーにしたり、北側のビューを楽しめるような窓配置や潛斎計画を考えたりしてみました。
キッ【BEFORE→AFTER】*こんな感じで変えてみました。

【AFTER:解説】細かい所の修正を加えつつ、主にLDKを中心に改善案を考えてみました。
建築時のコストアップにつながる場合がある

マンションは人気が低くなっている

MATOMERU:家を最大限活かすなら【斜め!】相談時の要望:【部屋数】:31.DKm:1階の和室、主寝室、子ども部屋【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:気になっているメーカーから間取り提案が出てきて、要望はある程度叶えられているが、客観的に見てどうか?を判断してもらいたい。
基本的には、細かい不満点、収納の量などはあるものの、そこまで大きくは無い。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】1~3階は狭小土地という事もあり、ら変える事は出来そうですねそこまで劇的に動かせない感覚があります。
工務店営業力が強い

ですが、もう少しぐらいなら、形か問題点1:2階のLDKが小さい。
一番気になったのが、2階のLDKはどのような家具配置をするの?という所です。
どの動線を考え、意外と家具の配置も難しいのではないか?という感覚です階段から階段、階段からキッチンな問題点2:無駄が意外と多いその他にも、所々無駄が多いように感じますキッチン周辺の廊下、3階の洗面に向かう廊下、そもそも二つ階段がある、などは、単純にもったいないように思いました。ここら辺を改善、検討しつつ、良い提案にする事が出来ないか?という事を考えています【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、上記の問題点を改善しています。
キッチンの形の検討や、階段をまとめています:【BEFORE→AFTER】↓plan003*こんな感じで変えてみました。

  • 住まい関連のものでは新しい試みであ
  • 家づくりの要望と言っても最初
  • 間取り要望書もまとめておきましょう
間取りや仕様が決まり工務店も少

【AFTER:解説】改善アドバイスは主に2階のLDKを中心としていますまた、坪数は3階にもバルコニーを設けていますので、その分減っていますが、そもそも敷地の有効利用を考えて縮める事は意識していませんメリハリをつけて、どう見せる?
先ずは、2階の階段を1つにしてまとめる!所から考えています階段を一つにする事で、有効的に2階の空間が取れるようになります。
また、キッチンとリビングを分ける事で、収納キッチン横*ダイニングは簡単な食事スペースにしても良いのかな?という発想で、量なども増えて計画が出来ますね。
に設けました。
2階のLDK特にキッチンのつかい方は、狭小住宅ならでは?とも思っています。
動線を考えると、追加で書いたサービスバルコニーなどを設けると、ゴミ出しなどが便利かもしれませんね。
マンションをどのようにする

もしサービスバルコニーを設ける場合は、二階のダイニングスペースが無くなってしまうので、ングの斜めを活用する事で、リビング、ダイニングスペースを取れるようになるかと思いました。
事が出来るようになりますね。
こちらも追記したリピより広くLDKをつかう斜めを活用するこういった斜めに区切る事をすると、木造の二階建てでも構造計算が必須になってくる事が多いのですが、は、そもそも三階建てで構造計算が必要ですので、考えられるかな?という感覚です。
この間取りまた、斜めに切る発想は、そもそも建築会社さんとして発想を持ち合わせていない場合も多くありますので、ちらから『ここを斜めに区切るのはどうか?』と提案が必要になりそうです逆に、こ【AFTER】改善コメント↓
コラム:良い提案を受けるのが一番レベルが上がる!
コラム②でも譜きましたが、契約前に適切な質問が出来るか?をする為には、お客様自身のレベルUPが必須条件になります。どのようにレベルUPをすればいいのか?家を建てたい気持ちはよくわかる

家を推奨する方は多い

ですが、極論を言えば、良い提案を受ける事につきます間取りは、会社さんが持つ、価格的な要素、構造による違い、施工経験の違い、提案者のレベルの違いなど、様々な要素が絡まって、お客様の元に届きます10社あれば、10通りの提案が出てきますので、提案を多く受けるだけでもレベルは上がりますこれは、私の前作の電子潛籍でもお伝えしておりますが、んと出会う為です会社は数撃つ必要があるで、良い提案を出してくれる会社さ良い間取り提案を出してくれる会社さんで契約しなさいという話でもなく、会社さんと出会う!という発想で、会社探しの意識をして頂ければと思います自分たちの経験値を劇的に上げてくれる耐震性能、気密·断熱性能に関する事など、間取り提案以外にも色々な知識の吸収にもなりますしね。
対!素敵な家にする!vol.1】工務店ファーストであなただけの全社を見付ける3つの条件:-Rebroathome牧原|央
MOTTAINAI:どんどん削る!
相談時の要望:【部屋数】:5,2LDKin:1階の和室、主寝室、子ども部屋×2、ピアノ室【申し込み状況】:契約直前の間取り相談【具体的な不満】:日当たり、広いリビング、老後でも寝室として活用できる和室、十分な収納、ピアノを置く場所の希望を出して、でてきた間取りですが、これが良い間取りなのか不安。
工務店営業力が強い家を建てたい気持ちはよくわかる

家を建てたい気持ちはよくわかる

plano04:[BEFORE】相談頂いた時の間取り↓*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】今回の気になる点は、『もったいないな2です。
階段周り、没別丿丶キッチンの北側部分、2階の廊下部分など、坪数も50坪強と大きいのですが、もっと改善出来るはず!という感覚です。
問題点1:動線が悪い先ず、感じたのが、それぞれの部屋が分断されている!という所です。和室からの水周り動線、線などが分断されているなどで動線を大きく変える必要があるように感じました。
キッチンからの生活動2階の配置も寝室を通らないといけないバルコニーが気になったり、寂しい感じが気になりました。
ピアノ室の配置も何となく奥まった所にあって、こ)問題点2:無駄が多い50坪ある間取りですが、5+2LDKであれば、もう少しコンパクトに出来るはず!という感覚です。
を改善しつつ、先ずは無駄を削る作業をしていく事にしますそれぞれの問題点【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、2つ書いています。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿