Yearly Archives: 2019

工務店の場合に限られるかもしれません

PLAN006の続きの話になりすが、実はPLAN006のお客様は、最終的に平屋な間取りになりました。平屋になったのは、せっかくなので、、屋でも考えてみては~』というアドバイスも多少あったかもしれませんが、それよりも、平屋に変えても、価格UPが意外と少なかったから逆に外構費用は抑えられるようになったから北側のビューを活かす為に、大開口を北側に取りたかったからという理由からです皆さまの中にも、『ホントは平屋、良いけど…』『…でも価格が心配で…』と思っている方も多いのではないでしょうか。
勿論、土地の状況や、検討している会社さん次第な話もありますが、意外と【アリ】ですよ(笑)発想を柔軟にしてみて下さいね、
TORIKOMU:何となく、じゃダメ!
工事のコンサルタントをしてい

相談時の要望:【部屋数】:4LDK4:一階の畳コーナー、主寝室、子ども部屋×2【申し込み状況】:建築条件付きの土地購入予定【具体的な不満】:具体的な不満はダイニングが狭いのでは?という内容ぐらいで、その他は既にある程度打合せを詰めていた事もあり、ありません。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】間取りをパッと見ると、確かに、何となくまとまっているようにも感じましたが、かはちょっと2となるポイントもいくつか出てきました。
よくよく見てみると、『うsん、これ問題点..各ポイントがちょっとづつ微妙人が入る事を考えると、例えば、キッチン西側のパントリーなどは、を考えると、空間が微妙にあまりそう。
若干狭い気もしますし、その横の冷蔵庫の大きさLDKの大きさに対してのこの吹抜けだと、煙突みたいになってしまうのではないか?とか、の為に出てくる垂れ壁図面の点線のラインの位置と配置がずれてる?などですね。
LDKの真ん中にある、構造【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】という事で、今回のアドバイスは全体を通して整える事。

  • 工事店さんと相談してみそれを階段を使い
  • 大手ハウスメーカー
  • 工事を行いま柱状改良
建築費用を誰が出したかということが税法上

また、吹抜けがメリットになるような二階の配置だと感じました因みに、前の間取りだと、吹抜けと洗面室に天窓を2つ付けていますが、天窓はそれ一つで、価格UPが10万円以上したりしますので、出来れば、普通の間取りで改善出来れば、多少なり予算削減が出来るかとも思いました。
【BEFORE→AFTER】↓*こんな感じで改善してみました。

【AFTER:解説】今回は無理に小さくせず、整える感覚ですね。
·メリハリを出す!
先ずは、吹抜けを大きくして、配置を南側に持っていきます。
バルコニーから光が差すような配置であれば、洗面室に室内窓を付けたりする事も出来、二つの天窓を無くす事も可能です。
住宅でひとつ問題なのは公共

室内窓はLDKから見ても、ちょっとしたワンポイントにもなりますし、二階の廊下の手すりをアイアンなどで工夫すれば、LDKの空間も良い感じになりますね。
その他の改善1階部分のLDKが縦に長く取れていますので、少しキッチンを前に出しても良いかと思いました。
チンの背面収納を綺麗に見せつつ、パントリーを広げています。
それに伴って、キッ畳コーナーは、少しだけ小さくなりましたが、少しだけLDKの中心に移動する事が出来ます。
また、好き嫌いがあるかも?ですが、今回のような縦に長い敷地で家を計画する場合、家の外観がどうしてもシンプルになりすぎる傾向になります。その為に、どのように凹凸感を出すか?もある程度イメージしておけると、提案が出てきた時に、色々とこちらの意見を言えるようになるかもしれませんね。建築を考えるのではなく家は雁行して下屋があ

住宅市場は流れていっていると言えると思い

改善は南側に凹凸を大きく付けて奥行き感が出るようにしています【AFTER】改善コメント↓
コラム:外壁のメンテナンス費用ここに関しては、皆さまも気になる所、というよりも、住宅展示場を色々と周っていれば、家を建ててからの外壁のメンテナンス費用の事だと思います嫌でも意識してしまうのが、これは昔からですが、特に、ハウスメーカーさんの営業マンさんからは、『弊社の独自の外壁材であれば、30年に1回の塗替え費用で済みますので、ゆくゆくのメンテナンスを考えれば、トータルコストは安くなるんです!』という話を聞くかと思います因みに、工務店さんでも、建築家さんでも、今の外壁材は、『メンテナンスは30年要らない性能です!』こでも同じように出来ますので、そちらはご理解の程を。
マンションをどのようにする建築を考えるのではなく家は雁行して下屋があ

建築を考えるのではなく家は雁行して下屋があ

*勿論、採用する外壁材にもよりますが。
という話は、どその上で、メンテナンス費用が少ないのは、当然大切な話なのですが、例えば、外壁の塗替え自体の価格の違いの差これは検討しておくべき項目ですね。*一般的には坪単価あたり2~3万円ぐらいですので、例えば30坪であれば60万円90万円ぐらいです。足場代なども含めて一本当にメンテナンスフリー?
また、そもそも本当に30年、メンテンスフリーなのか?も実は考えておきたい所です·性能はもつけど、綺麗さは?
窓の両脇つく雨だれは?
外壁間の目地に対する対策は?
などがしっかりしていないと、例えば同じ外壁材をつかったとしても、15年で塗り替える必要が出てくる事もあります。
*目地の交換でも足場が必要だったりしますので、どうせなら!外壁も綺麗にしちゃうか?となる事も多いですし、フォーム業者さんや、建築会社のアフター部門から言われたりもしますリ
WAKERU:木造の構造と外観相談時の要望:【部屋数】:4LK(4:一階の和室、主寝室、子ども部屋×2【申し込み状況】:契約直前の間取り相談【具体的な不満】:1階西側の水周り、及び納戸付近の間取りがしっくりきていない状況大きな吹き抜けを作るため、柱が少なく耐震性の面で不安。

マンションの購入や

ここは、結構意識して頂きたいポイントで、間取りが良いは、実際の生活のしやすさ、生活動線や収納計画、日射の取り方、風の抜けなども含めての提案です。
外観に関しては、少し別次元のデザインの話になる為、間取りがよくても、外観が悪い。外観が良くても間取りが悪い。
は起こりえる事です。意外と3方好の会社さんは、かなり少ないように思いますので、会社選びの際は、意識して頂くと面白いかもしれません。

MEGURU:思い切って坪庭を作ってみる!
相談時の要望:【部屋数】:41.DK4:一階の和室、主寝室、子ども部屋×2【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:漠然と、この間取りではダメな気がして。という状況でお問合わせがありました。
具体的には、本当はウッドデッキがつくりたいけど…という不満です。
収納不足や1階のトイレが玄関入ってすぐなのが気になる事、【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?建築時のコストアップにつながる場合があるを考えてみましょう。

【問題点】頂いた間取りを見ると、満は、私も感じました。
確かに、間取りとしては、何となくまとまっているようにも感じましたが、上記のお客様の不問題点·生活動線が悪いまず最も気になったのが、ダイニングテーブルが置けない?置くと生活動線が一気に悪くなるのでは?という所です。
問題点2:その他細かい所玄関ポーチが小さい?
·道路からの視線が考慮された間取りではない。
お庭のウッドデッキが使いづらい?
などの気になるポイントも出てきました。
敷地形状から、そこまで劇的に間取りを変える事は難しいかな?とも感じつつ、改善していきたいと思います。
*この間取り相談が一番悩んだかも?というぐらい悩みに悩んだ間取り相談でもありました。

部屋の中央に設置する

  • 戸建てもたくさんあり人口減で今後は空き
  • マンションに買い替え
  • 家を選びましょう駅近小


重要なポイントになるでしょう家

マンションの水準に比べて

【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】はい、という事で改善プランを見ていきましょう。改善のアドバイスは、上記の改善を出来るだけ、何パターンか、作ってお送りしました。今回の間取りアドバイスは、私もこれ!という間取りが思いつかない状態で(汗)*今回は、私自身がプランで納得ができず、2つの間取りアドバイスを書きました。
【BEFORE→AFTER】*先ずはこんな感じで改善してみました。
PF
【AFTER:解説】·メリハリをつけて、どう見せる?
この間取りは、家を小さくする事はしていません。その為、メリハリのみを考えて、間取りアドバイスをしていますウッドデッキを置く事を前提に、LDKを直線で繋げる間取りはどうか?*ウッドデッキのつなぎ方ですが、リビングと繋げるのか?キッチンと繋げるのか?で生活の仕方が変わってきそうですね。
二つ目の配置アフターの間取りの一番下に、る場合です。
LDKと和室の別パターンを書いています。
和室を畳コーナーではなく、しっかりと分けトイレなどを考えると、もう少し広げたい所今回は、トイレの配置や玄関の広さを考えると、縮めるというよりも、本当はもう少し広げたい感覚もありつつです。

家の損得を比較してみよう家

どうしても色々と納得できず、思考がぐるぐると巡った結果、『これも出来るのでは?』と最終的には、もう一つ、思い切った間取りを書いてみました。
【AFTER-1解説↓
【AFTER:解説2】縮める(2坪)一回のLDKと和室の配置をもう少し面白く配置しても良いかな?という感覚です。
道路側からの目線を遮りつつ、開放感を出す。を考えて、酉側は窓を殆どなくし、和室とLDKの間に坪庭を設けています。
*和室は坪庭に向けて窓を設ける感覚です。
坪数は2坪抑えつつ、思いますリビングは大きな窓が両サイド(南と北)に付く為、かなりの開放感が得られるようになるかと通常であれば、北側の坪庭は微妙なのですが、今回は状況を考えて、敢えてとってみました。その際、和室の上部をバルコニーにしたり、坪庭部分の外壁面には、大きな窓を2方向に配置したりして、北側の坪庭づくりで起こりそうな、坪庭なのに、暗いし圧迫感がある…』を解消する為にはどうしたらいいか?

建築には似あわない建築の専門家

家にするにはどうすれ太陽に素直

も考える必要があります外観外観のつくり方ですが、り方です。基本的な家づくりにおいて、外観を考える時は、窓で外観を作る!という方もいますが、のまま外からの目線が入る事にもなるので、実は微妙だったりします窓をなるべく無くして、外観の凹凸を利用して、外壁材を貼り分ける。
というのが一つのつく外観の為の窓は、そその他今回のような坪庭の間取りは、ておきたい所ですね。
2×4構法などは向いてない場合があります。
建築会社さんの対応力などは注意してみ【AFTER】改善コメント↓
コラム..何故?この間取りになったのか?を知る!
間取り提案は、『会社による事情』というのが大きく関係してきます。


家に対してるわけ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿