Monthly Archives: 2018. 11月

家はデザイン優先で考えれば良いん

ここまでの話を聞いてきて、積極的に『壁量では計算』構造計算』が良いとと思う方は少ないかと思います全ての木造住宅で『構造計算』をすべきだとは思います。
(私が担当した物件は、ほぼ全て構造計算をして個人的には、います)ですが、構造計算』はコストがかかりますし、構造計算』の費用だけでなく、壁が増えたり、対応できない工務店も多いかと思います基礎梁が大きくなったりと建築コストもアップする可能性があります。
のみでそのため『壁量計算』でも問題ない間取りの条件を挙げてみました。
も家が倒壊することはないと思いますこちらに全て適合していれば、『壁量計算』·モノコック工法である1,2階の外壁線がほぼ揃っている正方形や長方形のシンプルな間取りである·壁材がサイディングなどの軽い材料であるALCなどは重い壁量計算で3割ほど余裕をみている耐震等級2程度最後の、壁量計算で3割ほど余裕をみている耐震等級2程度は、先ほどの『雑壁』部分に対応する考え方です。

家で使用した場合の目安として書いてあ

『耐震等級2の壁量を確保できるのなら、構造計算をした場合の
筋交い『耐震等級1』と同じ壁量を確保できたことになるので、いうことになります。これらに当てはまらない場合には、くださいね。
よく分からない罹壁』に期待しなくても大丈夫でしょう、と『構造計算』を行うか、設計担当者とよく話してみるようにして在来軸組工法の筋交いの考え方在来軸組工法で、す伝統的な耐震技術として『筋交い』があります。
筋交いとは、柱と柱の間に斜めに入る部材のことでこちらのイラストでは、ダブルで入っていますが、片方だけの方が多いです。
地震で建物が斜めに傾くとき、この筋交いが柱を引っ張り、変形を少なくします。これにより、建物は、過度に変形することなく、倒壊を免れることが出来る…はずだったのですが、1995年の阪神淡路大震災では、筋交いや柱が土台から引き抜かれ、倒壊する、という事例が多発しました。

 

間取りであれば先ず

住宅業界ではダントツで主流の工法家ではあっても経営者ではありません

土台、柱、梁、筋交いが一体であれば大地震にも耐えられるのですが、それがバラバラになってしまっては、耐えることが出来ません。その反省を受けて、2000年に改定された建築基準法2000年基準では、筋交いや柱が引き抜かれないように、接合金物補強の基準や壁量のバランスについて明記されました。
やれやれ、この2000年基準を守っていれば、大地震でも安心だ、と建築関係者が思っていたかというとそうではありません。
2008年に東京都内で行われた実物大の耐力壁の破壊試験では、筋交いの耐力は、建築基準法の85%程度でしかないことや、建物の変形にも想定の半分以下しか耐えられないことが分かっています。また、1か所、筋交いが破断すると全体が倒壊に至ることにもなるようですこれ、衝撃的ではないでしょうか。

アパートのバルコニーやこれらの事実や熊本地震の被害から、基準法で認められているはずの筋交いが、想定の85%しか耐力がないわけですから。
建築関係者の間では『筋交いは粘りがない』というように言われるようになりまし筋交いで耐力壁を計画するとは、筋交いは斜めに掛けるので方向性があります。
どの方向の揺れにも耐えるには、同じ方向の筋交いだと効かないんです。
たとえば、たくさん筋交いがあっても
熊本地震で倒壊した住宅の写真をみると、筋交いだけで耐力壁を構成しているものがほとんどでした。
を理解しているなら、それらの住宅が倒壊してしまったことは、当然の結果とも言えますここまでのこと耐震等級2の住宅は、なぜ倒壊したのか^熊本地震では、耐震等級2の住宅も、本震で1階総崩壊しました。これは話題になりましたね。耐震等級2は、建築基準法が定める1·25倍の耐力壁を持つ建物のことです。ただ、熊本は地震が起きにくい地域として地域係数が、0.9となっていることから、実際は、1,12倍になっています。

家のことだと説明する

家族団欒の主張も詳しく見ていくと団欒

建築会社を選ぶ人などいるでしょう等級2で総崩壊した建物を調べてみると、準耐力壁も含めると、1·5倍近い壁量があることがわかりました。かなり余裕をみた仕様なのですが、なぜ、倒れたのでしょうか?
理由は、3つ考えられます1·揺れが増幅された軟弱地盤のため、軟弱地盤の場合、壁量を1·5倍にする必要がありますが、それで計算すると、ほぼ耐力壁不足になるそうです。
鋼管摩擦杭で地盤改良はしているのですが、今回の地震動には十分な効果は発揮できませんでした。
2·筋交いのみで耐力壁を構成していた。
構造用面材をほとんど使わず、構造用面材は一部のみで、外壁廻りは筋交いのみで耐力壁を構成していました。
そのため、硬い建物にはならず、筋交いが破断し、倒壊につながったようです。
3·1階と2階の外壁が揃っていなかった。
これがもっとも大きい理由ですが、1階と2階の耐力壁の直下率上下の壁が揃っている率が低いことがあげられます。

暮らしを新たに始めるにあ

直下率が低いと耐力壁の効きが悪くなりますどれも、設計上の問題ですが、基準法を逸脱しているわけでもないので、設計ミスとも言えない内容です。ですがせっかく耐震等級2をとっても、このような結果になってしまったら元も子もありません。これらは、我々設計者側の問題ですが、このような家にならないように、施主ができることはあります。これから話す5つのポイントを押さえていただければ、おおむね大丈夫です。
木造でおさえたい5つのポイントモノコック工法前述しましたが、木造であれば、モノコック工法にするのがベストです。
壁、床を構造用面材で覆い、耐震性を高める工法です。
左記のようなイメージです

壁量を1·

軟弱地盤に建っている住宅の倒壊が相次ぎました。
5倍に軟弱地盤では、熊本地震では、大和ハウスが建てた住宅が倒壊した原因のひとつも、軟弱地盤です。
地震が1·5倍になるのであれば、壁量も1·5倍にする必要があります。家を提案できるかが大きなカギとなるでしょう

家ではあっても経営者ではありません 修繕メンテナンスにかかるも大き 滅菌器を販売しています。
家なら人は服を脱ぐことに抵抗はなく

現10年ほど前に、一建設が分譲した1800棟以上の建売住宅において、強度不足が発覚しており、これを受けて平成21年に4号特例が見直しされるという話平成20年4月22日付国住指第256号もあったのですが、これまで実施されずにいますここで、『木造在来軸組み2階建て』の問題をまとめます1·2·3·様々な構法があり、枠組みエ法のように共通の施工基準がない構造計算をしなくて良い。壁量計算のみ壁量計算が確認申請でチェックされない1は、選んだ工務店がどのような構法なのかが重要になります。
ど、お勧めの構法はご紹介します説明をうけて納得できるものであれば良いです。
後ほ3は、現状では公的なチェックがないので、らうことも可能です建築会社内でダブルチェックしてもらうか、セカンドオピニオンに見ても問題は、2の『構造計算』と『壁量計算』の違いです。
特にお願いしなければ、通常の工務店·ハウスメーカーでは、級2以上を取得するなら構造計算』が必要になってきます。
『壁量計算』が標準になるはずです。3階建てや、耐震等どちらがお勧めかをお話しする前に、まずは基礎知識として、構造計算』とは何かについてお話ししますね。
構造計算とは木造住宅で行われる構造計算は、許容応力度計算(ルート1)、許容応力度等計算(ルート2になります。
話になりそうですが、なるべく簡単に話しますので、ついてきてください。

建築現場の近くの空いた土地

なにやら難しい許容応力度計算(ルート1)地震や台風に持ち堪えられる建物かを調べます1·2·3·重さを計算する重さに材料が耐えられるか?
地震に材料が耐えられるか?
台風に材料が耐えられるか?
ここでいう重さとは1)建物の重さ2)床に載せるものや人の重さ
3)雪が積もった時の重さを足したものです。
雪の重さは馬鹿にならなくて、アフリカ象の一頭分の重さです。
30センチの積雪で6トンの重さになります。屋根面積60平方メートルの場合これはかなり重いですね。|M積もる地域では象3頭分になりますね。
許容応力度等計算(ルート2)地震や台風でも、建物が損壊する傾きにならないように検討を行います。

 

家に必要なものはすべて盛り込めたの家

マンション大規模修繕家こんな大事な気密性能

そうすることで、揺れが収まれば、傾きは元に戻るようになります5·6·7·地震や台風で建物がどれだけ傾くか?(層間変形)建物の上下の硬さのバランスは大丈夫か?(剛性率)建物の重さと硬さの偏りはないか?(偏心率)重さを計算し、力をかけてみて柱や梁、する、ということですね。
床等が重さや地震力や台風に耐えられるか、どのように変形するかなどを確認1~7まで計算することを構造計算』といいます実際の地震や台風を想定しているわけですから、必要なスペックが正確に分かり安心です。
構造計算の費用はだいたい、1020万円程度になります。つぎに、『壁量計算』について話しましょう。
4ステップで簡単に計算!
『壁量計算』とは非常にシンプルな計算で出来るのが壁量計算です。

工事のお見積り作業マンションもオートロックると思います数学ではなく、算数の知識があれば大丈夫ですので小学生でも出来2·3·4、床面積を計算する必要な壁量を床面積に係数をかけて求める計画の壁量を数えて、2.以上になるか数える壁がバランス良く配置されているか確認する詳しくは、こちらです。

改めて書くと、ビックリするくらい簡易な計算ですよね。
重さも計算しないし、材料が耐えられるか、どのように変形するかも確認しません。
これだけ簡易的な計算方法なので、私はこの壁量計算は、かなり安全率をみた計算結果が出るものだと思い込んでいました。簡単な計算方法だからこそ、構造計算するより安全側になり必要な壁量は多くなるはずだろう、と。
ですが、今回、改めて構造関連の嘉で勉強しなおしてみると、分かりました。これから話すのは、とても衝撃的な事実です。

マンション居住者の役に立っていると実感でき

工事も完了できないため

当社が依頼された大規模修繕これは全くの勘違いで真逆の結果になっていることが壁量計算』の不都合な真実実は『壁量計算』によって算出された必要壁量を満たしていたとしても、それだけでは、建築基準法上、必要な耐震性の70%程度にしかならないのです。建築基準法上、必要な耐震性とは『耐震等級1』となりますが、その70%程度の耐震性しか確保できないということです。
残り30%はどうなるのかというと、耐力壁にならない『雑壁』部分が地震力に対して効果を発揮してくれる、というこ
とになっています。
罹壁』とは、サッシの上についている壁や、和室の欄間などのちょっとした壁のことです。
これらの罹譬が住宅にはたくさんあるはずだから、それで地震力の30%は担保できるでしょう、という考え方です。
つまり基準法上必要な耐震性70%必要壁量(計算)30%雑壁(期待値)+ということになりますこれって、どう思われますか?
雑壁がどれだけあるかは、間取りごとに違いますある家はたっぷり雑壁があるかもしれませんが、開放的な間取りの場合は、壁量計算ギリギリの壁量として、それ以外は壁なし』にするかもしれません。

住宅が実現したそう

そうやって設計した住宅は、合法的であるにも関わらず、必要な耐震性が不足している、ということになります雑壁の量や形状を検討した上で、耐震性を期待するのなら理解できます。
でも、この『30%雑壁(期待値)』はメンドクサイから、計算抜きで耐震性を3割増しにしとい『計算しなくても、てあげるよ』雑壁はこれくらいあるでしょう、フツー。
というノリです私はこれを聞いてゾッとしました工務店やハウスメーカーは簡単に計算出来るので楽ですが、施主としてはたまったものではないですね。もちろん、壁量はある程度余裕をみるものですが、開放的な間取りの場合はギリギリになりがちなので、注意が必要です。
構造計算』と『壁量計算』木造2階建てなら、どちらが妥当^『壁量計算』、どちらにすれば良いのでしょうか..。家の写真を使わせてくれれば値引き

家こんな大事な気密性能 暮らしてみる間取 

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿