薬や食品添加物の入らない食事を続けていると少しでも

健康を支えるためのさまざまな対応がとれればと考えています

統合失調症の治療には
を改善し、医師の監督下で、家族が副作用を防ぐために薬の加減を行う「家庭天秤法」認知症の症状は、大別して中核症状と周辺症状に分かれます。中核症状は記憶障害、自分の置かれた場所や状況がわからなくなる失見当識、判断力低下などで、脳機能そのものが低下することによって起こる症状です。中核症状を改善させる(現在日本で用いられている)認知症の薬は、脳内物質アセチルコリンの取り込みをよくする3薬(アリセプト、レミニール、リバスタッチパッチかイクセロンパッチ)とメマリーです。前3成必ずしも介護家族を楽にする結果を生むとは限りません。周辺症状は、認知症の重症度とは関係のない症状で、「陽性症状」に分類できる徘徊、暴力、独語、妄想、幻覚などと、「陰性症状」に分類できる無気力、無関心、無言、うつ状態などがあります。

ストレスをそうした飲み食いで解消していたわけその当時

「コウノメソッドでは、陽性症状を落ち着かせることを優先するので、陽性症状を示している患者さんに対しては、中核症状を分は興奮系の薬剤なので、改善させる薬よりも抑制系の薬(興奮を鎮める薬)を中心に処方することにしています。具体的にはグラマリール、抑肝散、セロクエル、ウインタミン、セレネースなどの薬です。逆に陰性症状が出ている患者さんにはシンメトレルやサアミオンなどの興奮系薬剤と中核症状改善薬を処方することになりま抑制系の薬を使うと陽性症状は改善されますが、効きすぎると転倒したり食事のときにむせたりします。副作用のために、患者さんが弱って危険になることがあるのです。そこで「コウノメソッド実践医は、「もし患者さんの元気がなくなったら、抑制系の薬をいったん完全に休んでください」と家族に協力を求めます。

 

ガンの心配はありませんから

アマゾンの先住民たちは、いまだに似たような方法を実践しています。それは、自然に沿った生き方をしているため感性が鋭いからです。野生動物も最期は身を潜めて食を断ち、静かに死んでいきます。それが生物の本能に刻まれた本来の死に方なのではないでしょうか。年齢すら気にしない自然な生き方南研子さんから伺ったアマゾンの先住民の人たちの話で、もう一つ非常に興味深かったのが、彼らには文字もなければ、貨幣もないということです。

ストレスをかかえるようになり
文字がない生活もお金のない生活も、私たちには想像できません文字がないので、過去については伝承で伝えられることしかわかりません。祭りや儀式などの習慣はあるのですが、「なぜこれをやるのか」と尋ねても、「昔からやっているから」との答えが返ってくるだけなのです。アイヌの人たちにも文字はありません。彼らは獲得した知識を口伝えで継承しなければなりません。そこで記憶力のいい人が選ばれて、それらを頭に叩き込んで子孫に伝承するわけです。

 

がんや関節リウマチなどの自己免疫疾患

場合によっては開腹手術をところで、気になる手術時間ですが、子宮内膜症が軽い人では医師の腕にもよりますが)、2~3時間で手術は終わります。重い人なら4~5時間ぐらいかかることもまれではありません。手術時間は開腹手術より長くかかりますが、入院期間は5~7日間で、開腹手術より2~3-少なくてすみます。おなかを切って、おなかのなかを見ながら、手を使って行うのが開腹手術です。当然ながら腹腔鏡下手術に比べると、手技はやりやすくなります腹腔鏡下手術と同じように、行うことが多くなっています。

免疫システムがうまくはたらかないと

また、これ以Eは続行がむずかしいと判断した場合には、途中で手術をやめることもあります。決してこわがらせるわけではありませんが、このようなケースもあるのです。子宮内膜症の腹腔鏡下手術は婦人科で行われる手術のなかで、技術力が必要な、もっともむずかしい手術とされています。ですから、腹腔鏡下手術を受ける場合、のもとで治療してもらうことが、とても、しかも重症である可能性があるときは、とても大切なのです。それなりの技量を伴う医師「何が何でも腹腔鏡」と腹腔鏡にこだわる医師より、癒着の状態などを考慮し、すすめるような医師のほうが、むしろ誠実で、良心的だといえます。