そこに硝子体が入り込んで網膜がはがれてしまう病気です

健康な生活を取りもどしてください若い人に多い突然の

薬の中ではこの
私はこうした自然界のルールを、もっている歯の数に当てはめれば、その動物にとってもっとも適した食事のバランスがわかるのではないかと考えています。突拍子もないことのように思われるかもしれませんが、じつはこうした歯の構成と食事のバランスに深い関係があることは、多くの先人たちが主張されてきたことなの人間の歯の数は全部で三十二本(親知らずを含む)あります。その内訳は、門歯(前歯)が上下二対ずつ犬歯(糸切り歯)が上下一対ずつ、そして臼歯が上下五対ずつとなっています。つまり人間の場合、肉(動物食)を食べるための犬歯が「1」なのに対し、植物を食べる歯は、門歯の「二」と臼歯の「五」を足した「とあるということです。「七対一」という歯の割合を、そのまま植物食と動物食のバランスに当てはめたのが、「植物という食事バランスなのです人間にもっとも適した食物バランスをまとめると食を、八五%、動物食を一五%(S九0)対(一0S)野菜や果物を111五、-20%、精製していないものを選ぶ植物食と動物食のバランスは、動物食は1五%全体としては、穀物を五0%、、全体の五〇%を占める穀物は、ということになります植物食の占めるウエイトが多いように思うかもしれませんが、人間の遺伝子ともっとも近い遺伝子七%が同じ)をもつ生物、チンパンジーの食事を見ると、その九五·六%は植物食です。

ストレスです

その内訳は、果物が五〇%、四五.六%が木の実や芋類、そして、その残りのわずか四五%がアリなどの昆虫を主とした動物食なのです。彼らは魚すら食べませんそんなチンパンジーの胃腸を私は内視鏡で見たことがありますが、胃腸を見ているだけでは人間かチンパンジーカわからないほど似ています。そしてなによりも驚いたのは、彼らがとてもきれいな胃相·腸相をしてい人間と違い、野生動物は病気になるとすぐに死んでしまいます。守る大切なものであることを本能的に知っているのです。食が自分たちの命を養い、私たち人間も自然にならい、もっと謙虚な心での基本に立ち返ることが必要だと私は思っています。

 

薬による無罪の抗弁が最も多くなされた薬で

しかしある程度酸化ストレスに強い細胞だと、そのストレスに対して逆に「もっと頑張るぞー」と活性化するかもしれない。平滑筋細胞は酸化ストレスの攻撃を受けて、もっと元気になってしまったのです。いっても、出しゃばりすぎて正常の働きを超えた振る舞いのようですが。あるいは、こんな別の考え方もできます。その細胞がどれだけ酸化ストレスを除去する能力にたけているのか。

健康的に維持するためにホメオスタシス恒常性という機能が備わっています
たとえば「AGE-RAGEの酸化ストレスが10というダメージを細胞に与えたとします。はそれを八くらい消去する能力をもっている。ある細胞は11しか消去できない。細胞の生死を分けることもあるでしょう。すると残った酸化ストレスの量が、それと、これはひじょうに細かい話になるので、参考程度に聞いておいてください。

 

薬を飲まなければがまんできない痛みが出たときだけ飲んでもらいますほかの

ただし、自分のからだを維持するだけの白血球は必要ですから、太っている人のほうが、まだ動かないでやせている人よりは多いのですそして、運動せずに太っている人のほうがリンパ球の割合が高く、やせている人は顆粒球の割合が高いのです。さらには、リンパ球が多いと貧血気味になります。一般には、太っていると貧血にはなりにくいと思われがちですが、動かない人は活動性が低いので酸素を運ぶ必要性が少なくなり、ケガもしにくいので赤血球や血小板が減少します貧血が強いと、鉄分の薬を処方されたり輸血されたり、場合によっては、脾臓の摘出手術がなされることもあります。赤血球や血小板は脾臓で寿命が尽き壊されるので、破壊が進まないようにするわけです。しかし貧血傾向が強くなるのは、活動が少ない生き方が問題なのです。

治療は以前から研究が進んでいるわが国の遺伝子治療は

しかし、よく食べるのにあまり動かない人もいます。たとえば、ひきこもって運動せず、ゲームばかりして間食しているような人ですが、そういう人には活力がありません。白血球の数から見れば、ある程度太っていて動きまわる活動的な人がいちばん多く、そのような人は筋力もあります。やせていても忙しく動いていれば、白血球の数は多いでしょう。しかし、動かない人は白血球が少なくなります。